スワンナプーム空港から
シラチャへのアクセス

スワンナプーム空港からシラチャへは・・

公共機関を使う方法

タクシーを使う方法
などがあります。

スワンナプーム空港から直接シラチャへ向かう交通手段は、現在はタクシー以外にありません。バンコクやパタヤのような世界的な有名観光地でもないため、仕方ないかもしれません。

駐在員の場合は、会社の送迎車を利用するのでシラチャまでのアクセスに困ることはないかと思います。
しかし、視察や観光のためにシラチャへ行く人は、便利な公共交通機関がないので困ってしまいます。仕方なくタクシーを使う人が多いようです。

タイにはタクシー配車アプリ『Grab』というものがあります。非常に便利なツールではありますが、利用するにはタイにてクレジットカード登録が必要となります。初めてシラチャに視察に来る人にとってはハードルが高いので実用的ではありません(シラチャに住むようになった際には必須アプリになるかとおもいますが)。

費用を安く抑えてシラチャまで移動したいという人には、バスかロットゥー(乗合バン)を使う方法があります
多少手間がかかるのでお急ぎの人はタクシー利用をお勧めいたしますが、時間に余裕ある人はバス・ロットゥーでの移動にチャレンジしてみるのも良いかと思います。
※筆者は2023年2月にシラチャへ行った際、バスでシラチャへ向かいました。
乗車賃は120バーツでした。


移動に時間をかけたくない人や、
快適にタクシーで
シラチャへ行きたい人は、
下記をクリックしてください。

バス・ロットゥーで
シラチャへ行く方法

先ずは、空港1階の7番出口へ向かいましょう。

スワンナプーム空港に到着後、バスまたはロットゥーにてシラチャに向かう方法は下記の通りになります。

まず、空港の無料シャトルバスにて『トランスポーテーションセンター』という場所に行く必要があります。

トランスポーテーションセンター行きの無料シャトルバス乗り場は、空港を出たところに数か所あります。サイト管理人の私が最も分かりやすいと思う場所は空港1Fの⑦番出口近くです。

1Fの⑦番出口をまっすぐ進むと立体駐車場があります。その立体駐車場の目の前がシャトルバス乗り場となります。『SHUTTLE BUS』という看板があるのでわかりやすと思います。
※空港職員や一般タイ人の方々がバスを待っているので、すぐにわかると思います。

7番出口のすぐ近くに看板があるので、分かりやすいです。

7番出口を出てまっすぐ進めば『シャトルバス乗り場』です。
タクシー乗り場も近くにあります。

空港から『無料』シャトルバスに乗って
『トランスポーテーションセンター』へ

運転手に『バスステーション、OK?』
と言えば通じる
さて、無料シャトルバスは写真のような『AOT』というロゴが貼ってある大きなバスになります
しかし、初めてバスを利用する人は疑問が生じるとおもいます。『本当にトランスポーテーションセンターに行くバスなのか?』と。


上記のような疑問を持つ人は多いようです。私がシャトルバスに乗った際の出来事ですが、白人観光客がシャトルバス運転手に向かって『BUS STATION OK?』と尋ねていました。運転手は『OK』とだけ答えて行先確認をしていました。このように、心配な人は運転手に『バスステーション OK?』とだけ尋ねればYESかNOで答えてくれるので、心配は解消されることでしょう。

無料シャトルバスは、基本的に『トランスポーテーションセンター』を通るルートになっているようですが、稀にトランスポーテーションセンターに到着する前に空港へ折り返すバスもあるらしいです。繰り返しになりますが、心配な人は運転手に『バスステーション OK?』と尋ねてください。

ちなみに『トランスポーテーションセンター』という言葉は、発音的になかなか通じないこともあるようですが、『バスステーション』なら発音に関係なく通じやすいようです。おそらく世界各国の観光客が『バスステーション 』と言っているのでシャトルバスの運転手も理解しているのだと思います。

さて、無料シャトルバスに乗ると、シャトルバスはいくつか降車ポイントに止まりながら進みます(Expressルート便除く)。丁寧な案内などありません。初めての方はトランスポーテーションセンターの場所がどこか分からないので、降車ポイントが複数あると不安になるかもしれません。

しかし、心配はご無用です。トランスポーテーションセンターはバスやロットゥーがたくさん止まっているのですぐにわかります。また、たくさんの人が降りるのでとても分かりやすいです
逆にトランスポーテーションセンター以外の降車ポイントでは、乗降する人は非常に少ないので「間違えて降りる」ようなことはないはずです。
それでも心配な人は、降車ポイントでバスが止まったら『バスステーション?』と運転手に尋ねればYESかNOかで教えてくれます。
※無料シャトルバスに初めて乗車する人は運転手に近い場所を陣取るのが良いと思います。

『Express Route』に乗れば、
バスステーションにすぐ到着

トランスポーテーションセンターへ直行します。
バスの正面や横に『Express Route』と書いてあれば、それは空港とバスステーション(トランスポーテーションセンター)との直行往復便です。

他のRoute便でも、ほとんどのバスはバスステーションへは行きますので、心配ありません(不安な人はバス運転手に要確認)。

トランスポーテーションセンターから
シラチャへバスで向かいます

シラチャ行きのバスやロットゥー乗り場へは、バスステーションのスタッフに『シラチャ』と言うだけで案内してくれます。

トランスポーテーションセンター到着後は、画像のようなチケット売り場がいくつかあります。シラチャ行は『SRIRACHA』と表示されていますのでわかると思います。
もし、シラチャ行きのバスやロットゥーのチケット売り場が分からない場合、トランスポーテーションセンターのスタッフに『シラチャ?』とだけ尋ねれば、売り場まで案内してくれます。


シラチャ行きのバスやロットゥーは、およそ一時間に一本の割合で出発しているようです。料金は乗り物の種類により若干前後するようですが、110~120バーツ程度です。

シラチャまでの所要時間は1時間30分程度です。バスもロットゥーもセントラルデパート前、ロビンソンデパート前、トゥックコム前に止まります。


ただし、バスやロットゥーはAM6時~PM9時までの運行で、PM9時以降は運転終了するようなので深夜にスワンナプーム空港に到着される場合は、ご利用にご注意ください。

日本からタイまでの航空券は、時間別・目的別で比較すると良いでしょう。 🔙比較サイトはこちらです。


荷物が複数あったり大きい荷物を持ってきている人は、バスやロットゥーは不便かもしれません。ロットゥーの場合は、大きい荷物は後部のトランクに入れてくれますが一人分の料金を追加で取られる場合があります。

タクシーでシラチャへ
行く方法

1.空港1階の7番出口から右へ向かいます。

タクシー乗り場は、スワンナプーム空港の1階にあります。7番出口を出ると、すぐ右側に『タクシー乗り場』があります。

2.タクシー乗り場の看板があります。

通常、シラチャに行く場合は画像の真ん中の黄色い看板『REGULAR TAXI』のレーンに並びます。

団体や4人以上の場合は『LARGE TAXI』のレーンに並んでください。

3.タクシー乗車券を受け取ります。

『REGULAR TAXI』のレーンの先にチケットの券売機があります。

券売機の『GET TICKET』のボタンをタッチすれば、タクシー番号の記載されたチケットが受け取れます。

4.チケットの取得の段階では無料です。

タクシーチケットは無料で取得できるので、財布を取り出したりする必要はありません。

※例として、画像のチケットの場合は『6』番のレーンに止まっているタクシーが該当のタクシーとなります。



5.チケットに記載されている番号のレーンで待機している
  タクシーと交渉して、無事にシラチャへ。

チケットを持って、該当の番号のタクシーの運転手に『シラチャ』と伝えてください。事前に必ず乗車料金の確認をしてください!!


ちなみに、シラチャの場合は1,300バーツ程度が相場のようです。

タイまでの飛行機を格安LCCからビジネスクラスまで
一括比較サイトはこちら🔙

シラチャの店舗視察・不動産視察は
お気軽にご相談ください。

オンライン視察も、シラチャ現地視察もご対応いたします。
シラチャという街に興味を持ってくれたあなたのために、賃貸店舗の見学や投資用不動産の見学をお手伝いさせて頂きます。物件見学をご希望の方は下記URLページよりお問い合わせください。


シラチャのコンドミニアム購入ページ
https://srirachaworkspace.com/


シラチャの不動産お問い合わせページ
https://srirachaworkspace.com/condo

企業情報

屋号:シラチャ・ワークスペース
住所:〒115-0045東京都北区赤羽1丁目7番9号 赤羽第一葉山ビル4階
シラチャの不動産物件情報へのお問い合わせは、ページ中の『物件情報請求フォーム』よりご連絡願います。

 

個人情報の管理について
収集した個人情報等を個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。個人情報保護法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。 ただし、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることについて、ユーザーに対する保証は一切行わないものとします。